初めての親知らず抜歯!

親知らずを抜いてきました。
メスで切り開く系の手術は人生で初めてです!

おおまかな施術の流れはこんな感じ!

手術決定(別日)
…レントゲンを撮って、抜くかぬかないかの判断を委ねられます。

待ち時間
…予約を入れていたのであまり待たずに始まりました!
当日

  1. 施術開始
    …麻酔注射用の痛みを弱めるための塗る麻酔を塗布してくれます。
  2. 麻酔注射
    …4本ほど注射を打ちます。他はそうでもないけど、4本目の上顎は結構痛い!!
  3. 切開
    …麻酔が効いているので触れていることぐらいしか感じませんが、血は出るので酸味のある生暖かい液体が口内を駆け巡ることになります。
  4. 摘出
    …でたー!トンカチ登場!!歯の周りの骨を砕いてゆきます。
  5. 縫合
    …ハサミのような器具を使って器用にグイグイ縫っていきます。
  6. 止血
    …コットンのようなものを詰められ、ぎゅっと噛んでねと言われるのでぎゅっと噛みます。
  7. 感覚がないため力の加減が分かりません。

術後

終了後2時間経過

まだ麻酔が効いているため違和感はあるもののなんともありません。
暖かいコーヒーを我慢しなければいけないのがつまらないくらい。
そして鏡を見ると、若干左頬が膨張して見える…!
(正月太りのせい?…ではないと信じたい!)

術後3時間経過

この日は友人に付き合って、そのまま映画を見に行きました。
映画を見ている最中、麻酔が切れたのか患部がじわじわと痛みだします。
歯の痛み、と言うよりは単純に切り傷系の鈍い痛みです。
そりゃそうだ。歯茎を切って、周辺の骨を砕いて取り出してるんだから。

術後4時間経過

痛みが強くなってきたので、早めのディナーを所望したのですが、聞き入れられず、そのまま「女の子のお買い物」に突入。待ち時間は、それはもう結構な痛みでしたよ、ええ。

術後5時間経過

友人の誕生日だったこともあり、お祝いをしにスパニッシュバルへ。
もちろん私はノンアルコールで乾杯しました。
辛いものや熱いものや酸っぱいものなど、術後の口では厳しいかなと思ったのですが意外と問題なく食べられました。
ただ、意外だったのは、術後思ったより口が開かないこと。
痛みがあるときは特に、引き攣れて痛いからでしょうか。
顎関節症も影響してるかもしれません。
直径2.5cm程度の食べ物をナイフとフォークで食べるなんて、お上品かっ!!と自分で突っ込みながら食事をしました。
薬は「食後」に飲むようにとの指示だったのですが、結局痛さがまさってきたため、食事の最中に断念して薬を飲むことに…。
みなさまにおかれましては、くれぐれも用法・用量を守って摂取されてくださいね。

術後1日経過

異常な眠気が発生。でも、同時にアレルギー性鼻炎が発動しているため、これが親知らずやその薬に付随するものなのかどうかは…;

術後2日経過

右側だけで噛むことになかなかなれないこと以外は特に問題なし。異常な眠気はまだ続いているけれど。

術後3日経過

姉たちと焼き肉ランチに行くくらいなので、何を食べてもほぼ問題ない程度に回復。薬さえ飲んでいれば痛みもほぼ感じません。

トリビア

麻酔が効いている間は飲み食い禁止なのは、熱いものを気付かずに飲んで口内を火傷するから。そして、ほっぺを噛んでも気付かないから、らしいですよ!笑