方向音痴が道に迷わなくなるサービス開発中✨事前予約にご参加ください!

機械と生物両方の良さが味わえる!1泊2日で馬とセグウェイ試乗のススメ in 山梨県 萌木の村

やったこと山梨県のホワイトサドルと萌木の村に自分で操縦するスタイルの乗馬と、セグウェイ体験に行ってきたよ!

遊び屋、Kai

機械の良さと動物の良さ。同時に体験したい人にオススメ♪

山梨に行こう!

果樹園などで「○○狩」をするのも良いですが、今回は以前から目を付けていた「乗馬」と「セグウェイ試乗」に向かうことに。

遊び屋、Kai

山梨は近年アクティビティが充実している、遊び人的注目スポット。

実際に行ってみたよ!

  • 横浜から日野春駅
    新幹線で山梨へ!
    今回かかった時間は横浜から3時間強。

    山梨は結構大きい県なので、
    当然目的地によっては時間差はありますが、
    これだけ北の方へ向かって3時間とは…
    個人的には「意外と近いんだな」という印象でした。

  • ホワイトサドルの最寄りは日野春駅
    日野春駅から送迎車でロッジへ
    ワイルドな印象のおじいさまが
    駅まで迎えに来てくれました!楽ちん(✿´ ꒳ ` )

    開始まではしばらくロッジで休憩します。

  • 萌木の村へ
    爽やかな午後は萌木の村散策で遊ぶ。
    あっという間の1時間が終わってしまった後は、
    友人のピックアップ(ありがとう友人!)で萌木の村に向かいます。
    ホーストレッキングは午前中のコースだったので、
    終わってからもまだまだ遊ぶ時間は十分にあります!
  • 宿泊先も、萌木の村の中。
    宿泊先ハットウォールデン
    これはオランダ語…でしょうか?
    なんだかちょっとカッコイイ名前のホテルです。
    部屋名には鳥の名前が(でもこっちは日本語w)
    あしらってあってこれまたオシャレ。

  • 早朝セグウェイ
    in 萌木の村
    ホーストレッキングに続いて、この日は朝の7:30からセグウェイに乗って森林散歩を楽しみます!
    かかった料金は5,000円(1時間半)。

こんなところがよかったよ!

馬ちゃんがかわいい!!

日常で馬を見る機会ってあまりないので、
取り立てて馬に対して好きとか嫌いとかっていう
感情があったわけではないんですが…
意外と目の前にすると変わるものなんですね。

まずはその圧巻の大きさに驚き。

触った時のあたたかさにドキドキし、
そして惚れ惚れするような筋肉に見惚れます!!

遊び屋、Kai

極めつけはその穏やかな眼差し。。。(ため息)
この日まで気付きませんでしたが、馬ってギャップ萌えの塊なんですね…。



なかなかの高さでしたが、なんとかよじ登れました!安定感のある背中にまたしても感動✦

見てください。馬ちゃんの前に人がいないでしょう…?

遊び屋、Kai

そう、この子、私が自分で運転(操縦)してるんですー(๑´ڡ`๑)

遊びの質にこだわる人にオススメ!

今回私がわざわざ山梨県ホワイトサドルの乗馬場を選んだのには理由がありました。

歳の数だけ新しいことチャレンジの中でも、
特に私が興味津々の「珍しい乗り物シリーズ」と「珍しい食べ物シリーズ」。

ここに対しては「ただやれればいい」のではなく、かなりクオリティを求めます。

ですから、新宿やそこらの「10分1500円」とかで
カラーコーンの周りをぐるぐる回るだけの、
見世物のようなイベントに参加して
「セグウェイ乗った」などと言うのは絶対に嫌だったんです。

同様に乗馬についても、
もちろん動物園などへ行けば
引き馬をしてくれるところはありますが、
そういうんじゃなくこう…

自分で運転したかった!!

んですね。
それを叶えてくれたのがここ、ホワイトサドルですよ。

乗馬ってこんな感じ!

大きな犬の散歩気分で、のんびり歩いてゆきます。
たまに文字通りの意味で道草を食もうとするので
「ダメだよ!」と叱りながら、森林散歩を楽しみます。

ちょっとした駆け足をしたり、
橋を渡ったりの穏やかな時間…。

至福です。

乗馬が趣味な人の気持ちが、ちょっとだけわかりました。

もっとずーっと乗っていたかったのですが、
翌日結構な筋肉痛に見舞われたことを思うと、
初心者は1時間コースくらいが無難なのではないでしょうか。

ウェスタンスタイル!

お迎えに来てくれたダンディなおじちゃんが言うには
「うちはウェスタンスタイルだ」とのこと。

いわゆる「馬術」というのではなくゆったりのんびり
カウボーイ(一日中乗っていられる)スタイルだそう。

道案内を勤めてくれたお姉さんに、
「このお仕事は何が一番楽しいですか?」と聞くと、
「お客さんが『いかに頑張らずに』
馬に乗って帰ってくださるか、
そこにこだわって躾けているので、
お客様からここの馬に対して『おりこうだった!』
という評価を頂けるのが一番うれしいですね。」とのこと。

仕事を「楽しんでいる人」を身近で見つけるのが難しい昨今。
想像以上にプロフェッショナルな答えで、
なんだかこちらも嬉しくなりました。

そして、密かにリピーターになることを誓ったのでした!

萌木の村について、もうちょい詳しく

八ヶ岳南麓清里の憩いの郷|萌木の村は、清里にあるリゾート施設。
かなり広い敷地内で、食事も宿泊もアクティビティも楽しめます。

そしてここのスペアリブがかなりの絶品でした!

セグウェイは明日の早朝…ということで、その辺をお散歩して、のんびり食事をしたあとはホテルで一休み。

早朝セグウェイ体験

馬は馬で生物であるが故の楽しさがありましたが…
セグウェイはセグウェイで機械ならではの楽しさが…!!!

よっぽどの運動音痴でもなければ、
ものの数分で乗りこなせるようになります。
そして、そこそこスピードも出せます。

セグウェイのタイプはゴルフ場などでも
使われるオフロードタイプ。

森林散歩でも、小さな木の枝程度はなんなく乗り越えられます♪

ヘンテコなメリーゴーランド

セグウェイ市場を終えた後は、オルゴール館を覗き、森で見つけた不可思議なメリーゴーランドに乗って爆笑した後、ティータイムを楽しんでから家路へ。



萌木の村の基本情報

萌木の村ってこんな場所

  • 宿泊できる
  • 散策できる
  • セグウェイに乗れる

今回一緒に遊んでくれたのは

大学時代からの仲良しの友人!

今思い出しても相当楽しい旅でした✦

セグウェイは楽しいし便利だったので、必要があればまた喜んで乗りたい乗り物ではありますが、気持ち的には一度乗ればまぁ満足。という感じ。
一方乗馬の方は、また何度でも試したくなるので、生物って不思議です。

遊び屋、Kai

次は海辺のホーストレッキングもいいなぁ♥