遊び人ブログ

またの名を「自由への招待」

下町のおばちゃんに学ぶ!「女学生語」と処世術。

f:id:doubleM:20160814014834j:plain

遊びの頻度が高すぎて記事作成が間に合いません!今年も順調にパーティ野郎な、遊び人クリエイタ―Kaiです。下町生まれの私にとって、8月は盆踊りで非常に忙しくなる季節です。櫓を囲んで円になり、祭囃子の音に合わせて舞う夏の風物詩。

この盆踊り、実は歳の離れた(50-60代の)お姉様がたと交流できる年に一度の社交の場でもあります。

WM:ここの公園は八木節とか河内男節とか御神輿音頭とか、曲のチョイスがイイっすよねー!
OG:あらアナタ話が分かるじゃない!そうなのよ○○公園は曲が古くて飽きちゃうのよねぇ!
WM:わかりますー。とはいえどこ行っても東京音頭と炭坑節はテッパンですけどね(笑)

みたいな感じで【イケてる曲】について語り合ったり…

WM:やっぱ付け襟オシャレっすねー!
OG:そーぉ?アナタも髪の色と浴衣が合っててとっても素敵よぉ✦
WM:ありがとうございます♪ 今年は帯留め買おうか迷ってたんですけど、どっかおすすめのお店とかってあります??」

みたいな感じで【ファッション】について語り合ったり…年齢差を気にせずガールズトークができるのもまた、盆踊りの魅力のひとつです。

ところで、文字にするとオネエと見紛うこの口調。この年代のご婦人たちが話していらっしゃるのはいわゆる「女学生語」だって、ご存知でしたか?
個人的に結構この話法がすごく気に入っているので、ちょっと勝手に語らせてください!

この記事で学べること
取引先担当者と仲良くなれる(かもしれない)メール表現✦



女学生語とは…

「よろしくてよ」「すてきだわ」「かまいませんことよ」などのような語彙と語尾を特徴とする口調。明治時代頃に流行したとされる。現代では、お嬢様や上級階級の婦人などの口調などで用いられることがある。(via Weblio)

てよだわ言葉と呼ばれることもあります。50-60代のちょっと上流なご婦人方の間では今でも使われることがありますが、若者の間ではまず耳にすることがありませんよね。(ドラマやアニメ、小説などでは使われていますが。)この言葉、敬語が主流だった明治時代に「親しみを込めた話し方をしたい!でも相手への敬意も示したい」という意図で女学生同士の間で生まれた言葉なんです。

女学生語がもたらす「親近感」

確かに、
①「素敵だと思います。」
②「かまいません。」
③「あなたもいらっしゃいませんか?」
といった言い回しでは距離感を感じますが、
①「すてきだわ」
②「かまいません(こと)よ」
③「あなたもいらっしゃる?」

に変化させると、一気に親しみが湧いてきますよね。
上記の例は「①(相手を)評価する表現」「②(相手に)許可を下す表現」で言葉を崩すことで、「目上から目下」という構図を回避しています。「③(相手の)意向を伺う言葉」でも同様に、表現を崩すことで相手を「敬い過ぎる」ことを回避しています。

今回のエントリでは、(流石にそのまま使え、とは言いませんが)この特徴を活かしたフレーズを使うことによって、取引先とのメールのやり取りがより円滑になる!(かも?)という例をご覧にいれたいと思います。

やってみよう!

1. 相手との距離をぐっと縮める、メールフレージング

制作現場あるあるですが、業務メールというのはどうも淡白になりがち。面と向かって会う機会があればまだ良いのですが、他社の担当者と電話とメールだけでの付き合いをするケースも儘ありますよね。そのままだとなかなか距離も縮まらない…ということで、ファーストコンタクトから数回経ったら少し、文末に印象アップのためのフレーズを入れてみませんか?

お気づきの点がございましたら下記までご連絡ください。

プロたるもの、当然完全データをやり取りするのがベストではありますが、人間誰しもミスはするもの。そんな時の連絡は早くもらえるに越したことはないですよね。こういったフレーズにプラスすると良いのが、「な」「ね」「ませ」の3種類。

お気づきの点がございましたら下記までご連絡ください
お気づきの点がございましたら下記までご連絡ください
お気づきの点がございましたら下記までご連絡くださいませ

どうでしょう。だいぶ印象が和らいだ感じがしませんか?もちろん、「お気軽に」というフレーズを追加するのも効果的ですが…本心を言うと、「気軽に」仕様外の要求をされても困ります。私はそんな「余計なワードを入れずに表現を和らげたい」時にこの手法を使っています。
ほかにも、「宜しくご査収くださいませ。」とか、「○○ですよね?」など、少し語尾の敬語を崩してみるのも、心理的距離感を縮めるのに効果的ですよ。

2.(ちょっと軽めに)語尾アレンジ!!

上の例だと少し気安すぎると感じる方は、文終わりの「。」に変化を付けてみてはいかがでしょうか?例えば…

素早くご対応いただいて非常に助かりました。
今後とも宜しくお願いいたします。

ところで、○○の納期は✕✕日で問題ありませんでしょうか。

というフレーズを、

素早くご対応いただいて非常に助かりました!!
今後とも宜しくお願いいたします

ところで、○○の納期は✕✕日で問題ありませんでしょうか??

に変えてみる、とか。
下記のようにダメ出しをしなければいけないシーンでも効果的ですね。

仮名様

お世話になっております。○○でございます。
ご納品物、無事拝受いたしました

内容を確認させていただいたのですが、✕✕のファイルが含まれていなかったようです。。
お手数お掛けしますが、再度ご確認いただけますでしょうか??

よろしくお願いいたします。

毎回やるとただの「アホの子」になってしまいますが、特に「感謝を伝える際」と「聞きにくいことを聞く際」は感情が前面に出ても相手はさほど嫌な気持ちはしません。こういったシーンに限ってでも、文末表現を変えてみると相手の印象がきっと変わってくるハズですよ。

※逆に「こちらに何も不備がなく、絶対的に相手がミスしている」(しかも相手側に誠意が感じられない)場合など、真剣に問い詰めたい時は敢えて堅い文体にすることでのギャップも出せます。

3.(やり過ぎ覚悟で)応用編

モノづくりをしていると嫌でも「ダメ出し」をしたりされたりするケースが出てきます。しかも、「ダメ出し」したら「ダメ出し」した側のミスだった…なんてこともあるので怖いですよね。そしてそんな時こそ、淡白過ぎる対応は避けるべきです。
例えば先程のメールに対して

✕✕のファイルですが、こちらで確認した限りでは問題ありませんでした。
○○の形式で再度お試しいただけないでしょうか。

納期は△日のままで問題ありません。

と返してしまうと流石にちょっと、角が立ちますが

✕✕のファイルですが、こちらで確認した限りでは問題ありませんでした。
もしかして、■■のアプリで開いていらっしゃったりしませんか??
○○の形式であれば開けるのでは…と思います!
お試し下さいませm(_ _)m

※納期は△日のままで大丈夫ですー!

と返せばツンケンした印象はなくなりますよね。
え?やり過ぎですか?…そうかもしれません。
でも、本当に大切な相手であれば、「相手が転んだら一緒に転んであげる」くらいの気持ちで接してあげるべきですよね。
日本語は「恩義」の関係性の上に成り立っています。ですから、こういったケースでの相手の「(意図せぬ)非礼」を帳消しにしてあげるためには、こちらも同等の「非礼」を働いてあげた方が、相手が気詰まりなく過ごせるというものです。

…なんて、後付けの理由ですけどね。でもそう考えてみれば、「相手の失敗をフォローするとき」に限っては、このくらいおちゃらけても許されるような気がしてきませんか?

まとめ

私は基本的に、他者とは対等に話がしたいタイプの人間です。
友人同士はもちろんのこと、例えば「雇用主と雇用者」「クライアントとクリエイター」「先生と生徒」なども対等であるべきだと思っています。雇用主は雇用者に対して力を持っていると思われがちですが、雇用者はその能力と時間を雇用主に「売り」、雇用主はそれを「買って」いる…つまり等価交換がなされているわけですから本来対等なはずですし、クライアントとクリエイターと同様の関係です。先生と生徒も同じで、先生はその「知識」を提供し、生徒(本人あるいは親)がそれを購入している、という構図ですね。購入側は、相応の価値があると思うからそれを買うのですから、「お金を出している方が偉い」という考えは誤りだと思うのです。

女学生語の真意は、こういった本来対等であるべき関係性を崩してしまう危険があるケースに於いて、わざと「正しい話法」を崩すことによって、パワーバランスの調整を測る試みだと言えるでしょう。

今日のエントリー例は、「いつでもどこでも誰にでも」当てはまるものではないと思いますが、「特定の時や場や人」においては非常に効果的に作用するはずです。時と場と人を見極めて、ぜひ活用してみてくださいな!