死にゆく思想に風鈴の音

『自由』への招待。

ワクワクが止まらない!「歳の数だけ新しいことチャレンジ」とは?

f:id:doubleM:20151125232239p:plain

遊びが大好きなデザイナーdoubleMです!
今日は「歳の数だけ新しいことチャレンジ」
についてのご紹介記事です。

実はこれ、「人生でやりたい100のリスト」の応用で、
私が独自に作ったチャレンジなんです。




ルールは簡単。

誕生日の翌日から次の誕生日までの間に、自分の年齢の数だけ今までやったことの無いことにチャレンジすること!

これだけです。簡単でしょう?

でも、これが、40歳、50歳、60歳とかになってきたらきっと結構大変!
それまでに色々チャレンジし続けていればし続けているほど、
「やったことの無いこと」を見つけるのが大変になってきそうですね。

これこそが狙い!

歳の数だけチャレンジの狙い

人は大人になるにつれて、様々なことに慣れ、逆に真新しいことはどんどん減っていきます。

でも、同時に人は好奇心の塊。いくつになっても、新しいことって面白いものでしょう?それなら、今より大人になっても「おもしろそうなこと」には常にアンテナを張り続けていたい…!そんな発想から、このチャレンジは生まれました。

だって、そうすることで、「そこに到達しなければ知らなかったもっと面白いこと」に出会う可能性が何倍も上がるんですよ!

実際、友人に「こんなチャレンジをしていて…」と話していると、私が思いつきもしなかったような体験を勧められることがよくあります。あるいは、友人がずーっとやりたいな。と思いながら実現していなかったことに便乗させていただくことも。

毎日同じメンツと、同じような環境でお酒を飲み交わすのももちろん悪くはないとは思いますが、今までは顔見知り程度であまり接点のなかった人と、偶然なにかの「目的」が結びついて、未知の世界へ遊びに出かける。

そんな日が年に何回かあるのもまた楽しいと思うんです!

そしてその誰かの、「○○行ってきたよ☆」の話題が広がって、「自分も行きたい!」という思う人が増えていく。そんな連鎖を生み出していけたらいいな、と。

これがこのチャレンジの根底にある思想です。

人の体験を聞いてみよう!

「新たなチャレンジ」を探すには、「自分がやりたいこと」を深掘りして考えてみるのももちろん良いですが、身の回りの友人に「今までやった中で一番楽しかったこと」を聞いてみるのも良いですね。

笑い話ですが、私が以前友人に、「私がやったことなさそうな体験って何かな?」と聞いてみたところ「離婚と不倫。」と言われました(笑)この2つはまだチャレンジする機会はなさそうですが(そもそも結婚もまだですし。)人とコミュニケーションをとると意外な方面に視界がひらけたりするものです。

これも、このチャレンジの面白いところですね。

友達や、家族、近所の子供達との会話も、「これやったことあるよ!」「どうだった?」なんて具合に、非常に盛り上がりますよ♪

さて、私がなぜこんな内容を記事にしているかというと…

私のチャレンジリストのうちの一つに、

「あなたの影響を受けて、自分も初めてみたよ!」報告を50人以上の人にもらう。

という目標があるからなんです。

これをみて、もしも「いいじゃんやってみる!」と思ってくださった方は
ぜひコメントやメッセージで「宣言!」下さいな♪

→ 私の28歳のチャレンジ内容はこちらから!
mym-core.niteandday.tokyo

→ 私の29歳のチャレンジ内容はこちらから!
mym-core.niteandday.tokyo

→ 今までのリストをMilanoteというサービスでボードにまとめてみました。
doubleMの歳の数だけチャレンジ

あなたはどんな「新しいこと」がやってみたいですか?