REASON OF MYSELF

またの名を「自由への招待」

読了レビュー『フランス人は10着しか服を持たない』

f:id:doubleM:20171009205928j:plain

2014年に発売されてすぐ、ベストセラーになった有名な書籍。
断捨離に興味をもった頃からずっと気になっていた本を、つい先日入手。読了しました。

この本は…

アメリカ出身の著者がパリへ留学している間に学んだ"シック"な暮らしについてまとめたエッセイ。身の回りを"本当に厳選した、最高に気に入ったもの"だけにすることで、精神的にも物質的、時間的にも充実した生活を送れるようにセルフマネージメントしましょう、という趣旨の内容を、具体例をあげながら語り口調で展開。

この本の印象は…

内容はともかく、個人的には表現面があまり好ましく感じない本でした。
何かにつけて「〜はシックじゃない」の表現を繰り返し、アメリカを卑下してはフランスを持ち上げる、典型的な「フランスかぶれのアメリカ人」が書いた本、という印象。

覚えておきたい内容は…

第五章「自分のスタイルを見つけること」

「なぜその服を着るのか?」これは、ワードローブを厳選する際にも重要な問いかけ。
その色は、形は、丈は、素材は…自分を最も引き立たせてくれるだろうか?服を購入する際には、そういった視点で厳選したい。

第九章「いちばん良いものをふだん使いにする」

「最高のものを、普段使いしよう!」というのがマダム・シックの教え。
ワードローブ然り、食器然り。最高にお気に入りのものを手に入れたら、「いつかとっておきの時のため」にしまいこんでおくのではなく、毎日の生活に利用しよう。そんな暮らしがあなたを幸せな気持ちにしてくれる。

第10章「散らかってるのはシックじゃない」

私は断捨離を始めてからもイマイチ物が減らず、部屋が散らかりがち…必要なものが見つからない!!なんてことが日常茶飯事でした。この章は、そんな私にかつての恋人がかけてくれた言葉を思い出させてくれました。

「物の定位置を決めておくといいんだよ」

そんなのあたりまえ!と思う人もいるかもしれませんが、そんなあたりまえなことができない人だから部屋が散らかるのです。逆に言うと、物の定位置を決めて、そこに収まらないものは処分する。そうすれば、部屋は散らかりません。とってもシンプルですね。

第13章「教養を身につける」

小学生でヴィジュアル系の音楽と出会い、以来熱狂的なファンであった私自身は、小さな頃から本も読みましたし、クラッシックの音楽も、イタリア絵画も、その他アートや宗教学、哲学、多言語にも興味津々。こんな言い方をすると鼻につくかもしれませんが、教養は十分身に付けてきました(๑´ڡ`๑)

この章を読んでいて響いたのは、「何歳になっても新しいことを学んでみよう」というメッセージ。

あと5日ほどで31歳の誕生日を迎える私は、今もなおまだ成長の途中。
生活スタイルや、経験、出会う人々の影響で…人の考えは変わるし、興味も好みも変わってくる。その時々に「気になった」すべてのものごとに対して鈍感にならずに、まして「いまさら…」なんて思わずに、これからも沢山のことに挑戦していきたいなと感じました。

まだこの本を読んでいない人へ

文体は私の好みではありませんでしたが、マダム・シックの生活習慣や著者自身の失敗談など、具体例を中心に展開していく内容は示唆にとんでいてとても読みやすいです。

断捨離はしたいけど、今一歩やる気が出ない!という人にとっては、背中を押してくれるような本になるかもしれません♪

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~